入社して以来体重が25キロ以上追加!

入社して以来体重が25キロ以上追加!

ごーたんごーごー No Comments

私がダイエットをするきっかけになったのは、営業先で仲の良いお客さんから最近太りましたよね?と言う言葉が発端でした。
以前勤めていた会社が倒産と言う形となってしまい、新しく中途入社で仕事を始めてからというものなれない環境の中、仕事帰りはいつも終電でしたが楽しみと言えば夜遅くの食事が楽しみだった私。
特に東京に出てからは、夜間でも平気でおいしいものが食べられるのでついつい帰宅前に寄り道をしてしまい、お酒とつまみと〆のラーメンと言う鉄板体重増加コースを送ること数年。

その間、お店の情報とともに体重も増加してしまい、入社して以来体重が25キロ以上追加となり痩せなきゃと思いながらもズルズルと日常を過ごしていました。
ですが、太り始めてからと言うもの立場は一応の出世をした形で運営に関与する役職に参加する身分になるも、よくよく考えれば最初は懇意にして頂いたお客様からは余り呼ばれなくなり疑問に思っていた矢先に言われたのが上記の言葉。

当時から仲の良かった今は常務のお客さんから、見てると辛そうだけど結構太りましたよねと言う言葉に自分でもどう見られているのかが非常に気になりだしダイエットを決意しました。
まさか太ってしまったために動く姿を見て辛そうと思われていて、出来れば必要なとき以外呼ばないでおこうと思われていたなんて自分ではかなりショックでしたが、ある意味言い難いことを教えてくれたお客に感謝しながら減量開始です。

最初に行ったのは断酒と深夜ラーメンの回数を減らす事でしたが、ストレス発散のための食事を自分で制御するには苦しく考え抜いた末に行ったのが現金を持ち歩かないと言うこと。あとは自宅でこっそり内脂サポートの口コミや効果を調べていました。

もちろん現金が下ろせるキャッシュカードも自宅においておき、ほぼクレジットカードだけでの生活に切り替えたのです。
私が通っていたラーメン屋や居酒屋では未だ現金支払いが多く、現金さえ持たなければコンビに利用以外は食事が出来ないように変更し、交通系カードとクレカ以外は持たない生活に突入。
ダイエットのためとはいえ現金を使えない生活は非常につらく、コンビに当の食事も次第に飽きが出始めついには自分でも予想していなかった自分で弁当を職場に持っていくスタイルになったのです。まさか外食に飽きる様になるとは想像もしなかったので自分でも驚きです。

そんな生活を始めると約二ヶ月目から体重が落ち始め、社内でも何かやってる?と聞かれることも多くなり取引先のお客からは、色々なイベントに参加するようオファーが舞い込んで来るようになったのです。
同時に色々と仕事の絡みも出てきて営業の数字も好転し、辛そうと思われていた企業のお客からも、以前のように頻繁に呼ばれるようになり細かい注文ですが人付き合いが多くなっていったのは事実です。

自分では余り気がついてはいませんでしたが、ダイエット後のイメージは背筋が伸びてピンとしている様に見えるらしく安心感が増したと言われることも多くなりました。
太っていた頃も今の私も中身的には変わりませんが、いわゆる外面だけは良くなったようでつらい現金未使用生活を続けた甲斐はあったようです。

現在はピーク時よりも体重が19キロ落ち、今の生活でも無理なくすごせているので今後も今の生活を続けていこうと考えています。

やって良かった!脱毛サロンで全身脱毛

ごーたんごーごー No Comments

ずっとカミソリでムダ毛の処理をしていたのですが、肌荒れがひどいので脱毛サロンへ行くことを決意しました。

最初はワキと膝下の脱毛をしようと思っていたのですが、カウンセリングで全身脱毛をしたほうが良いなと思ったので、全身脱毛をすることにしたんです。

痛いのかなと不安でしたが、ほとんど痛みは感じませんでした。時々パチンと熱くなる感じですが、痛くはないのでほっとしたんですよね。

施術後に保湿ローションを塗ってもらえるので、どんどん肌がスベスベしてきて綺麗になってきました。カミソリ負けでガサガサ肌になっていたのですが、何度か通っていると綺麗になり嬉しかったです。
私は火の国の熊本に済んでおり、永久脱毛 熊本のサイトを参考にして、脱毛サロンを選びました。

6回ぐらい通った頃から、自己処理をする回数が減りとても楽になりました。すごく毛深いので、毎日カミソリでムダ毛の処理をしていたんです。毎日ムダ毛の処理をするのは、さすがに肌に負担がかかりますよね。

脱毛サロンには二年ぐらい通いました。予約が取りにくかったり何か不満があったら通うのは無理でしたが、通うのがとても楽しかったんですよね。スタッフには色々と相談することができましたし、個室なのでゆったりした気持ちで施術を受けることができました。

室内は明るく清潔感があり良かったです。全身脱毛の中には顔脱毛が含まれていて、リーズナブルだったので助かりました。ずっと脱毛サロンに行きたいなと思っていたのですが、やっと夢が叶いました。もう毎日自己処理をしなくてすむと思うと、本当に嬉しいですね。

表情も暗くなりがちです

ごーたんごーごー No Comments

女だけどひげが濃くて悩むことが多く、かなりストレスを普段から感じていました。メイクしてもひげが濃いので、目立ちますし、何か対策方法はないかと美容グッズなど探していたら、女性用の顔ひげ対策ができる脱毛クリームもあり、敏感肌用など様々な種類があるので、活用してみることにしました。カミソリなど刺激が大きく、肌を傷つけることになるため、やはり普段から刺激がないものを使用することが大切だと感じていました。
肌が敏感なので、ちょっと刺激あるものを使うと肌が赤くなるなど、トラブルも多々起きるので、天然由来成分がたっぷり入ったものを使用して、肌になるべく刺激を与えないように工夫するなど、色々と対策を立てるようにしています。
女だけどひげが濃いから悩むことが多かったので、表情も暗くなりがちですが、楽しく過ごした方が良いので、ひげ対策をバッチリ行うなど、普段から色々と行うようにしています。何かと安心して過ごすには、こうしたひげ対策を普段から心がてメイクするようにすることで、美肌を手に入れることができ、快適な毎日を過ごせるようになります。
色々と充実した毎日を送るようになってから大きく日常生活が変化したのを体感できるようになりました。やはりメイクするのも楽しくなり、ひげが濃いのも次第に薄くなってきたように実感したことで、かなり快適になりました。顔用の脱毛クリームを使用するなど快適な使い方を見つけたので安心できます。

全然着けてる事でのストレスがない

ごーたんごーごー No Comments

私は昔は、寝る時には昼間に使う普通のブラジャーを着けて寝ていました。
周りの友達には、着けて寝るのってなんか肩こらない?と言われたことがあります。
その友達はブラは着けずに寝てました。
でも、その友達から最近は寝る時にもブラ使ってるけど、すごい良いよ!と教えてもらったのです。
それがナイトブラでした。
寝る時にも着けていることで胸の形を崩さずむしろ良くしてくれるし、エクスグラマーの口コミのニュースでも全然着けてる事でのストレスがないと。
ブラジャー、確かに普段使ってるのを夜も使ってるとゆっくり休まらない気がしていたのも事実です。
とはいえ、何も着けないのはないで落ち着かないので、私もナイトブラを試す事にしました。
友達が使ってすごく良かったというナイトブラを教えてもらってネット通販で購入しました。
届いてから初めて着けてみた時には結構ストレッチが効いててしっかりしててキツイかもしれないと感じました。
でも、着けてしまうとなんかフィット感が普通のブラとは比べ物にならなくて驚きました。
それに着けた時の胸の形が綺麗になるので、それで寝たら胸の形も良くなりそうだと思えたのです。
今では、着け心地の良さが気に入って昼間にもナイトブラのまま出掛けてしまう事すらあります。
ナイトブラなら、身体にしっかりフィットするから胸の周りの肉が横に流れたりしないし胸が垂れるのも防げそうです。
ナイトブラ、夜にブラをしなかった人が使うようになるだけあってかなり良いですね。

片づけられない

ごーたんごーごー No Comments

片付けが苦手です。
一時期、テレビで片づけられない脳の特集とかやってたけど、言い訳したくないけど、もしかして私も・・・?って思ってしまったくらい、片づけが苦手です。

そのくせ、収納グッズを買うのは大好き!
見ると「便利そう!これなら私も片づけられるかも!」って思うんですが、実際は、その収納グッズがムダな物に変わってしまうんです。

テレビドラマの部屋とか、すごくお洒落ですよね。
物がいっぱいあっても、しっかり収納されてる。
あんな部屋に住みたい・・・けど、あれをキープするのは大変そう・・・

まずは、要らない物を処分するところから始めないと、片づける場所もありません。
漫画は漫画買取に出すとして、洋服はどうしよう?
漫画はブランドとかないし、どんな漫画も普通に買い取ってもらえるけど、洋服はブランド品以外は買取ってもらえないことが多いから困ります。
捨てるのも勿体ないし・・・ってやってると、どんどん溜まってしまうんですよね。
着ていない服は容赦なくゴミ袋に入れるしかないかな。

あと、意外と盲点なのが靴箱。
靴も流行があるから、今は履かない靴ってあるけど、捨てるタイミングがわからなくて、ずっと放置されていることがあります。
そうなると、靴を買っても靴箱に入らず、玄関に出しっぱなしになっちゃうんですよね~
悪い習慣。
これを機会に直さなくちゃな。